efoについて

インターネットで通販を展開するとなると、販売する商品の選定や、宣伝なども重要となりますが、最終的には、ユーザーは購入ページに移動し、フォームに入力し購入手続き完了となります。ただ、最終フォームに到達しても、およそ80%のユーザーは、申し込みしていないと言われており、これには、入力フォームが使いにくいという問題があり、またフォームに到達しにくい、場所がわかりにくいという問題もあります。EFOとは、Entry Form Optimizationの略語であり、これは入力フォームの最適化のことを言います。

通販ブログなどと違い、通販サイトは、最終的には入力フォームに到達し、ユーザーが記入することによって、購入手続き完了です。通販サイトに限らず、サービスを提供するようなサイトでも同じであり、資料請求などでもフォームは使います。そのサイトを訪れたユーザーは、意欲が高いながらも、多くの場合にフォームに到達すると、その気持ちが薄れて、入力を止めるのです。

この離脱率を下げるために、フォームの問題点を見つけ、改善していくことをEFOと呼びます。サービスや商品を提供する会社のサイトでは、どうしても入力フォームは避けて通れません。もちろん、電話やファックスでの注文もありますが、圧倒的に多いのが入力フォームを使っての注文です。efoによって、入力フォームからの離脱率を改善して少なくすれば、自社の売り上げアップに繋がるでしょう。